簡単に下半身ダイエットを行うコツ

簡単に下半身ダイエットを行うコツ

下半身ダイエットと言っても部分的に痩せるのは実は難しいことなのです。一般的なダイエットとして取り組み同時にか半身を鍛えるようにして、 きちんと下半身にも筋肉をつけることが大切です。ほらハリウッドセレブってお尻がキュッと引き締まっているでしょう?

 

まさにあんなイメージを目指すのが良いと思います。

 

体温が低く冷え性の方は、下半身の血流が悪くなっている可能性があるので、リンパが滞留してむくんでいるケースが多々あります。そういう方は半身浴やマッサージなどでリンパの流れを良くすることが大切です。

 

ダイエットせずともか半身の見た目を細くすることは可能なんですね。

 

下半身ダイエットは短期間では難しい

 

あなたの体重はすぐには増えないように、 逆も同じですぐには減りません。むしろ増やすより減らす方法が大変ですよね?

 

熱から下半身ダイエットには3ヶ月ほどかけてじっくり継続する必要があるでしょう。なぜか半身が太ってしまったか?

 

ダイエットは原理原則が単純です。摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ体は太っていくのです。つまり摂取カロリーと消費カロリーのバランスさえ気をつけていれば、太ることはありません。

 

一番大事なのは基礎代謝を増やして、何もせずとも消費されるカロリーを大きくすることです。それに加えて摂取カロリーも徐々に制限し、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

下半身ダイエットのエクササイズおすすめは?

 

コスパを重視するのであればやはり時間当たりの消費カロリーが多い運動を選ぶべきです。おすすめはやはり水泳です。

 

消費カロリーも高く、足や膝を故障するリスクも極めて小さいです。ちなみに女性が一時間あたりクロールを泳ぐと1000キロカロリー程度消費すると言われています。

 

ただプールなんて近くにないという方、そういう方はジョギングがおすすめです。水の中よりも故障リスクは高まりますが、できれば柔らかい土の上や芝生の上などを走ると良いでしょう。

 

走る速度にもよりますが一時間あたり400キロカロリー程度は消費することができます。

 

下半身痩せするための食事

 

ダイエットの基本として筋肉は落とさないことです。つまり高タンパクな食事は維持するということ。そして低脂肪の食事を継続していきます。 水泳でもランニングでも運動後は筋肉が傷ついています。

 

きちんとタンパク質を補強しないと、十分に筋肉が修復されません。筋肉にとっても悪いですがせっかくの筋力アップのチャンスを逃してしまいます。筋力アップというのはつまり基礎代謝の向上なので、ミスミスト痩せやすい体を逃してしまうということになります。

 

まずはたんぱく質はきちんと摂取することをお勧めします。

page top